【声優になりたい!】いまや人気職業となった「声優」という仕事!人気の理由はなに!?徹底分析!

オルドコ
スポンサードリンク

最近の声優人気は非常に安定しているのではないかな、と個人的には思っています。

「ブーム」というには加熱しすぎていない、認知され定着しつつあるカテゴリーのようなイメージです。

最新の人気職業ランキングで30位!

13歳のハローワーク公式サイトでは、最新2016年6月度の人気職業ランキングで30位にランクイン!

顔出し職業である歌手やアナウンサーを引き離しての30位と考えれば、安定して人気のある業種と捉えていいのだと思います。

数年前には10位以内にも入っていたことがあるらしいです!

これは、若者(子供たち)が「声優」を憧れの対象というだけでなく、しっかり「仕事」だと意識するようになったことが要因だと考えられます。

どうしていま「声優」が人気!?

声優が「仕事」としてしっかり認識されるようになった理由としてまず挙げたいのは、やはり「顔出し」が増えたこと!

結局これに尽きる気がします。

昔は、アニメや洋画で誰かが声をあてていることまではわかっても、声優本人のビジュアルを知る機会などなく、どこか違う世界の住人のようなイメージだったと思います。

しかし現在では、バラエティや情報番組などでの声優の顔出し出演が盛んになってきています。

声優の活動がこうして公になることによって、「声優」が「いまいちつかめないけどなんとなく憧れる職業」という位置から、「仕事として目指したい職業」に変わりつつあると言えるのではないでしょうか。

仕事としての「声優」認知

その1 『Rの法則』

特におもしろいと思うのが、NHKEテレの『Rの法則』において「声優メイン回」がやたら多いこと!

以前からEテレは積極的に声優を推していましたが、『Rの法則』ではそれが如実に現れています。

10代の若者ターゲット、かつゴールデンタイムでの放送ですから、それだけでも若い世代からの声優への関心度が高いことが裏付けられていると思います!

R
【出演声優陣は圧倒的にイケボ男子!】

スポンサードリンク

その2 ドラマや映画で大活躍!

いまはもうテレビでも見慣れてしまった戸田恵子(とだ・けいこ)さん。
戸田さん

言わずと知れた『アンパンマン』のアンパンマン役の方ですが、いまでは俳優・タレントとしても超有名人ですよね。

そして、年齢で若手と見せかけて実はキャリアではベテランの小野賢章(おの・けんしょう)さん。
小野さん

『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・ポッター役の吹き替えや『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役で有名ですが、小野さんは舞台・映画の分野でも精力的に活動されています。

このように、どちらの分野でも有名な方々が「声優」を発信してくれることで、より「仕事」として印象づけられますよね。

その3 音楽活動がとにかくカッコイイ!

いまや紅白歌合戦の常連と化した水樹奈々(みずき・なな)さん。
水樹さん

彼女を筆頭に、いつの間にか「声優アーティスト」という新しい名称も定着化してきました。

音楽方面では、特に男性声優の本格アーティスト活動が台頭!

グランロデオ
【GRANRODEO(グランロデオ)のボーカルKISHOWは声優の谷山紀章(たにやま・きしょう)さん】

オルドコ
【OLDCODEX(オルドコデックス)のボーカルTa_2は声優の鈴木達央(すずき・たつひさ)さん】

その4 声の出演の多様性

そのほか意外と大きい要因と思われるのが、ゲームでのキャラクターボイスが当たり前になったこと。

また、CS放送や音声つきスマホアプリが普及したことにもあると思います。

いつでもどこでもいい声を携帯できる世の中、すばらしい!(笑)

とはいえ声優の仕事は狭き門!

夢は広がりますが、声優の仕事はただマイクの前で声を出していればいいわけではありません。

たとえ映像に乗るのは声だけだとしても、演技は全身を使います。

持久力や読解力、協調性、そして素質。

その他いろいろな要素を兼ね備え、かつオーディションという闘いを続ける不屈の精神力が必要不可欠

さて、あなたのなりたい職業はなんですか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です