【2016声優訃報まとめ】名演技は永遠に……! 今年亡くなられた声優たちの代表作を選りすぐりでご紹介!

%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%81%95%e3%82%93
スポンサードリンク

2016年は、声優ファンにとって衝撃的な訃報が続いた年でした。

今回は、今年亡くなられた声優の方々を改めてご紹介し、その功績を振り返ってみたいと思います。

篠原大作(しのはら・だいさく)さん

篠原さん

2月1日に82歳で亡くなられた篠原さんは、俳優・声優・ナレーターという多方面で活躍。

吹き替え作品多数

お仕事のなかで若者にも有名と言えば、『ハリー・ポッター』シリーズのコーネリウス・ファッジ魔法大臣役。
ファッジ

数少ないアニメ出演は、『ぷるるんっ!しずくちゃん』シリーズの極楽先生役など。
極楽先生

『世界・ふしぎ発見!』のボイスオーバーや『ニュースステーション』のナレーションなどでも活躍されていたので、みなさんの耳に馴染んだ声だったかもしれません。

温かみのある声が印象的でした。

大平透(おおひら・とおる)さん

大平さん

4月12日、86歳で亡くなられた大平さんは、ラジオのアナウンサー出身。

転身してTBS劇団所属当時、テレビ史上初の海外アニメ作品の吹き替え(生放送!)を担当されたとか。

仕事は吹き替え中心

有名なのは、やはり『スターウォーズ』シリーズのダース・ベイダー役!
ベイダー

また、海外ドラマ『スパイ大作戦』の指令の声でもおなじみです。
スパイ大作戦

アニメ出演は多彩

ディズニーキャラクターのピート役や、『ザ・シンプソンズ』のホーマー・シンプソン役などの海外アニメの印象も強い大平さん。
ピート
【ピート】

ホーマー
【ホーマー】

日本のアニメ作品でも強烈な印象を残してくれています。

有名なのは『ハクション大魔王』のハクション大魔王役。
ハクション大魔王

そして一番衝撃的だった役と言っても過言ではなさそうなのが、『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造役!
喪黒福造
【物真似と「ドーン!」が大流行】

低く太いどっしりとした声が印象的でした。

水谷優子(みずたに・ゆうこ)さん

水谷さん

5月17日、51歳という若さで亡くなられた水谷さんは、ディズニーキャラクターのミニーマウス役で有名な方でした。
ミニー

スポンサードリンク

実はわたし、声優という存在に興味を持ち始めた頃、最初に名前を覚えたのが水谷優子さんなんです。

ですから、個人的にも水谷さんの急逝は衝撃が大きかったです。

国民的アニメにレギュラー出演

水谷さんの国内アニメ代表作と言えば、『ちびまるこちゃん』のお姉ちゃん(さくらさきこ)役です。
お姉ちゃん

『デジモンアドベンチャー』の武之内空役、『ブラック・ジャック』のピノコ役なども浸透していました。
空
【空】

ピノコ
【ピノコ】

水谷さんは声優一本、アニメ・吹き替え・ゲーム・ラジオ・CDと、現在の若手声優と同じような幅広さで活躍。

ちょっと甘く幼い感じの語り口が魅力的な方でした。

田中一成(たなか・かずなり)さん

田中さん

10月10日に急逝された田中さんは、まだ49歳でした。

田中さんに関しては特集させていただいたので、こちらを参照してください!

現在放送中の『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』烏養繋心役、現時点では公式にキャスト変更情報はありません。
烏養さん

肝付兼太(きもつき・かねた)さん

肝付さん

10月20日、80歳で亡くなられた肝付さんの代表作は、なんといっても『ドラえもん』の初代・骨川スネ夫役。
スネ夫
【「のび太のくせに生意気だ!」の名台詞は肝付さんのアドリブから誕生】

吹き替えより、自分で色をつけられるアニメーションの仕事を好まれていたとか。

出演作=代表作!?

ハスキー声が最大の特徴である肝付さんは、シリーズが長く、かつ映画化もされるような人気作品へのレギュラー出演が多かったように思います。

『それいけ!アンパンマン』のホラーマンや、『銀河鉄道999』の車掌役など、衝撃的外見(笑)の役でもお茶の間を魅了!
ホラーマン
【ホラーマン】

車掌さん
【車掌さん】

また、『おそ松くん』(第二期)のイヤミ役でも有名。
イヤミ

かつてのちびっこにはおなじみのあのキャラクターも肝付さんでした。
じゃじゃ丸
【『にこにこぷん』のじゃじゃまる】(向かって右)

惜しまれる名優たち

いかがでしたか?

いま一度名演技を振り返りつつ、みなさんのご冥福を改めてお祈りしたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です