子どもがなりたい職業ランキングで声優業は何位!? アドバイスの仕方は!?

%e6%9d%b1%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%93
スポンサードリンク

俳優やタレントではなく敢えて「声優になりたい!」という子どもの数は増加傾向にあります。

親世代が声優に詳しい家庭も多くなっているので、当然と言えば当然の現象でしょう。

そこで今回は、最新の人気職業ランキングにおける「声優」の順位をチェック♪

さらに、声優を目指す子どもに向けたアドバイス方法も研究しちゃいますよ!

【人気職業ランキング(2016年11月)で声優は何位!?】

以前の記事でもご紹介させていただいた「13歳のハローワーク公式サイト」での人気職業ラインキング。

最新版では声優は堂々の26位に!

なんか微妙? と思われるかもしれませんが、実は「業界」的な職業のなかではぶっちぎり!

声優以外の俳優業は100位以内にランクインすらしていません。

声優は間違いなく人気職業という位置づけになりますね!

【自分の子どもが声優になりたいって言ったらどうする?】

芸能関係の仕事に憧れるのは珍しいことではありませんが、テレビでよく見る歌手や俳優とはまた違う分野になるので、いざ「声優になりたい」と言われてもどう答えていいのか……という親御さんも少なくないと思います。

ただ、狭き門だからといって頭ごなしに否定するのはNG!

家庭の事情も踏まえたうえで、子どもの夢をできる限り応援する心意気でいたいものです。

また、子ども時代には「いまできることを精いっぱい」が基本!

実際に学校や養成所へ行くか否かという問題も出てきますが、やりたいことを自分で見つけたなら、どうやったらなれるかを自分で探させることも大切だと思います。

本当にやりたいという気持ちがあれば、それが原動力になり能動的になれますよね。

もしもお子さんが「声優になりたい」というわりにはなんの行動も起こさないようであれば、そこまで強い意気込みや決意はないということなのかもしれません。

また、本分である学業を疎かにしないこと!

台本を読み解く力が備わっていなければ、声優にはなれません。

【どうやってアドバイスしてあげる?】

実際にどういう道順を辿ったらその職業に辿り着けるか、それは自力でぜひ探ってほしいものですよね。

スポンサードリンク

(方法としてはこちらの記事をご参照ください♪)

ただそれ以前にも、例えば演劇部や放送部に入るなど、演技力や滑舌を鍛えるための場は高校までの学生生活のなかにちゃんとあります。

そしてここでは、前段階で独学するうえで心に留めておきたいことをチェック!

自分が理解したことばでお子さんにアドバイスしてあげるといいかもしれません♪

鈴村健一さんの教え

鈴村さん

ラジオ番組のなかで、鈴村健一(すずむら・けんいち)さんは「お芝居はリアクションの繰り返し」と明言されていました。

『相手あっての「会話」なのは日常でも芝居でも変わりないので、「恥ずかしい」や「うまくやろう」などの自意識に邪魔されないよう、普段の日常会話の感覚を大切にするべき。

文字を感情とリンクさせることが最重要なので、「活字をことばにかえて、ことばを心にかえて、心を声にかえる」のが声優の芝居。』

ちょっと難しいですが、なにやらストンと落ちるものがあるように思います。

演者自身の心が動いているからこそ、声優の演技はあんなにも伝わるんですね!

東山奈央さんの教え

東山さん

こちらは東山奈央(とうやま・なお)さん自身が言われてきたことばらしいのですが、「個性とクセは違う」ということ。

独学だとへんなクセがついてしまい、演技に幅をもって柔軟に対応できない場合があるそうです。

もちろん一概には言えないので、居住地も含め、自分に合ったやり方を探してくださいとのこと。

要求に応じて即座に対応できる柔軟性は必須ですからね、現役のかたのことばには重みを感じます!

【親の応援は最強!】

「声優」という特殊な職業へ夢を抱くのは怖い、なんて大人はつい思ってしまいがち。

親の了解が得られずに挑戦する前に挫折する若者も少なくありません。

まずは応援する勇気を持ちましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です